りつげいとはなんなのさ?

 正式名称「劇団立命芸術劇場」、通称「リツゲイ」は、演劇サークルです。
 演劇サークルというくらいなので、年に4回くらい(場合によってプラス1もあり)お芝居を打ちます。
 団員になる人は多種多様です。役者で舞台に立ってやる!という人が多いですが、舞台美術や宣伝美術に興味がある人もいれば、照明や音響をやってみたいという人も集まっていますし、制作という裏方の部署で専属になって超強力なサポートをしてくれている人もいます。
 そうやってゆかいな仲間が集まって、ひとつの舞台を創り上げていきます。


りつげいとはなんなのさ?

■どんな芝居を演っているの?

 基本的に会話重視の劇です。リアリティを追求し、本物に近い世界を舞台上に再現することを目指しています。
 2007年度の冬公演では公園でよく見かける、「東屋」を再現しました。重い砂利を運んだのは今となっては良い思い出です。
 日常生活で見たことがありそうな家具、壁、柱、床など…細部に渡ってホンモノのように作り込みます。モノによってはホンモノを持ち込みます。そうやって作られた世界で「自然な会話」「自然な所作」を役者さんは追及していくことになります。
 しかし、時には抽象的な舞台にしてみたり、ダンスや殺陣をやってみたりもします。レッツ・チャレンジ!


りつげいとはなんなのさ?

■活動場所

 場所は、立命館大学学生会館3階、BOX311
 防音扉の更に奥なので初めての人は訪れにくいかもしれませんが、イカツイ兄ちゃんが怒鳴ってくるなんてことはありません。僕は最初、そう思ってなかなか入る事ができませんでした(応援団が御向かいにあるからではありません)。
 でも大丈夫!安心して遊びに来て下さいね!
 長期休暇明けには誰かがお菓子を置いてくれていたりします。お腹が空いた時にはBOXに行けば何か有ると言う素晴らしさ。食費が浮く!お菓子だけど!但し、早く食べないと次の日にはなくなっています。


りつげいとはなんなのさ?

■活動時間

 月曜日から金曜日までの平日18時から21時30分まで
 但し、公演が決まるまでは完全フリー。お休みです。みんなマッタリしています。お昼御飯だけ食べに来るだけとか。
 公演を打つ事が決まったら、進み具合や気迫によって祭日も活動します。


りつげいとはなんなのさ?

■活動方針

 ユルユルのんびりです。ユルいです。某漫画主人公のようにユルいです。しかし、某漫画主人公のようにやる時はやります。公演を打つとなれば真剣です。
 連日話し合ったり、稽古したり、作業したり。みんな真剣勝負です。ゆかいな仲間の間にも厳しさがあります。最初はそのギャップとペースに戸惑うかもしれませんが、ひと公演乗り越えればゆかいな仲間への仲間入り。
 演劇人の先輩って、単位落としまくりで貧乏だよなという印象をお持ちの人がいるかもしれません。でもリツゲイでは、バイトの時間や勉強の時間をちゃんと考慮したスケジュール調整をしていますから大丈夫!公演を打つ度に希望を聞きます。